ソニー生命田中龍平トーク1
ソニー生命に入社
ソニー生命田中龍平トーク1 −−−本日はよろしくお願いいたします。田中さんがソニー生命を知ったのはいつ頃でしょうか。
田中−−−2016年の2月です。きっかけは参加していた異業種交流会に、今の採用所長に会いC.I.P.(キャリア・インフォメーション・プログラム)というソニー生命の会社紹介プログラムに参加した事です。そしてライフプランナーという仕事をしたいと思いました。元々、ソニー生命という会社自体は知らず、ソニーが生命保険をやってる事を初めて知りました。そのライフプランナーの第一印象は、凄くお酒が好きそうな雰囲気あり、バリバリ働いている人という印象で、人当りの良い感じでした。
…ライフプランナーになろうと思ったきっかけを教えて下さい。
田中…ライフプランニングを知った事でしょうか。実際に私のライフプランニングをしてもらった時、一番衝撃を受けたのは子供が大学に入る頃、お互いの両親の年齢に気付いたことでした。自分でこれだけビックリして何か対策をしなければと感じたのなら、一般の人は知らない人はいるはず、じゃあこれを伝えれば絶対に喜んでもらえると思った事がきっかけです。ライフプランニングをやりたかったという事がきっかけと言えます。

−−−では入社を決めた決定的な理由なのですが、先程お伺いした、自分でライフプランニングをしたかったという事ですが。
田中−−−ライフプランニングは、絶対に役立つし喜んでもらえるという気持ちがありました。それから、色々な人に出会える可能性があると思った事でしょうか。そして妻が、『絶対にあなたに向いている仕事だと思う』と後押ししてくれたというのも大きな理由です。
全て自分でコントロールする事ができる、自分次第で結果が変わる仕事です。自分が頑張れば頑張れるだけ結果がついてくる仕事は以前から魅力的に感じていたことでしたので。

ソニー生命田中龍平トーク7
−−−田中さんのお客さまになるとどんな良い事がありますか。
田中−−−将来に向けて一生涯を通してお金で困る事はないようにお手伝いいたします。
人生における優先順位が皆さんそれぞれあると思いますので、その事を認識して頂き、ライフプランニングを通して一生涯の収支のバランスをしっかり把握する事によって、支出の適正化やお金の使い方、時間の使い方も変わって来ると思います。もちろん、リスクマネージメントもお話させて頂きますので、通常何も無かった場合でも、万が一の事があった場合でもお金で困る事が無く生活する事ができ、安心につながると思います。
それから前職の経験から、携帯電話の使い方(笑)や、お得な契約の仕方のお話ができます。携帯電話で困ったら連絡してください(笑)

−−−お客さまの期待を超える何かをお持ちですか。
田中−−−お客さまから、諦めていた昔の夢を実現する事ができるというのが分かって、本当に嬉しかったと言われた事があります。ライフプランニングをすることで、無理かなと諦めていた事が整理をし、順序立ててやれば実現できる事があると知っていただきたい。お金に困らなければ良いかなという気持ちでライフプランニングをやってみる方もいると思いますので、そういう方にとっては期待以上の結果だと思って頂けると思います。



ライフプランナーとは
ソニー生命田中龍平トーク2−−−田中さんにとってライフプランナーとは?何ですか?
田中−−−ライフプランナーは、友達であり、先生であり、困った時に助けてくれる存在ではないでしょうか。何かあった時に生命保険に加入していたから『給付金を受け取れて良かった』というよりは、そのお金をどういう治療法に使うのか。その為の情報を提供する事をできるのがライフプランナーだと思います。
そして、聞かれた事はすぐに答えられて、人が集まってきて、頼られる存在。困った時に最後に駆けこむ場所であり、それに対して適正な答えや適正な人、適正なもの、を紹介できるような存在、それが理想のライフプランナーだと思います。

−−−田中さんの長所を教えて下さい。
田中−−−新しく場を作る、人を巻き込んで一つの集合体、を作るっていうのはよくやっていました。人を集めて人を巻き込んで何かにあたるという点でしょうか。
それから元気です。楽しく無いと何でも続かないと思っていますし、ライフプランニングも万一の事があったらという話ばかりでは面白くないので、楽しく面白く自分の人生を考えてもらえる場を作っています。緩める所は緩めて締めるところは締めるという事ができると思います。
ソニー生命田中龍平トーク5
−−−それでは短所を教えてください。
田中−−−朝に弱いです。
それから、凡ミスが多いといいますか、ケアレスミスが多いんです。切羽詰まってあれもこれもと時間に追われる時は、ミスを出してしまうので。タイムマネージメントが少し弱いので。ToDoリストをちゃんと作ってからは今の所はなくなりましたけど、やはりプライベートでは、抜けている事がありますね(笑)。
そして甘い物が好き過ぎるのも短所だと思います(笑)。

−−−田中さんにとって生命保険とは何でしょうか。
田中−−−家族の命綱だと思います。私の場合ですが、私が大黒柱ですので、私の収入が家族の源泉といいますか、生活費になっています。私に万一の事があったらそれが無くなります。その時に少なくとも今と同じ生活ができるレベルにするためには、生命保険が必要だと思いますし、私がどれだけ家族の事を思っているかという形にもなると思います。生命保険は経済的なものですが、私の思いが全て込められた命綱だと思います。私が生存していたら持ってきていた筈のお金、それだけは絶対に残すというイメージでしょうか。

生命保険とは
−−−ライフプランナーになって一番嬉しかった事は何でしょうか。ソニー生命田中龍平トーク6
田中−−−『もっと早く田中さんに会いたかった 』と言って頂けた事です。
ずっと心配していたと話していた方から、ヒアリングをし、不安を一つひとつ対策できるのであればそれを考えていきませんか、というお話をしてご契約をお預かりした時に言って頂いたのですが、入り口でそういう風に言ってもらえた事は嬉しいです。

−−−これからのお客様にメッセージをお願いします。
田中−−−今の時代は、色々な情報があふれています。その中で人それぞれの好みや価値観で、何を信じれば良いのか分からない世の中だと思いますが、その人にとってぴったりと合ったものを選んで頂くために、持てる全てを活用して色々と情報を提供いたします。お客さまが困った時には、自分ができる事、全てを使ってお役に立てるように頑張っていきたいと思います。
年々そういって下さるお客さまが多くなってきました。

−−−ありがとうございます。
(2018年 取材UMI)